ビジネスホンで、仕事を円滑に進めていく。

気をつける事。

互換インクを利用する時の注意点

メーカー純正インクよりもかなり値段が安い互換インクですが、利用の際には注意しなければならない点があります。 まず、メーカー純正インクではないため、各インクにどのような成分が含まれているかは互換インクを出している会社次第です。 そのため色はきちんと出るがしばらく使うと詰まってしまう、カスレが生じる等、印刷トラブルが起こる可能性があります。 互換インクを使ってプリンタが壊れてしまった場合、プリンタのメーカーには保証期間内でも修理を断られる可能性があります。 更に言えば有償でさえ修理してもらえない可能性があります。 互換インクを使う場合にはプリンタが壊れてしまった場合は修理出来ない可能性を覚悟する必要があります。

故障の時にも修理してもらうには

互換インクを使用していてプリンタが故障してしまった場合は有償でも修理が難しいと書きましたが、それでも修理をしてほしい場合の方法があります。 それは、プリンタメーカーではなく、プリンタを購入した家電量販店や電器店等の販売店に修理を依頼する方法です。 家電量販店等ではプリンタも売っていますが、同時に互換インクも売っていますので、どちらも家電量販店が売った物となります。 そのため、メーカーでは対応してもらえなくても販売店での修理をしてもらえる可能性があります。 家電量販店によっては多少料金を払うことによって保証期間を延長するサービスを行っているところもあるので、それらを利用することで不安なく互換インクを利用してみる事が出来ます。